当店自慢の京着物職人さんを紹介いたします。

採用情報

サイトマップ


 
 

こだわり京きもの

沢田商店の京きもの

※弊社の「きもの」ご愛着の方々です。

 

 

工房

職人紹介

工房紹介/製作

 

商品のご案内

着物

男物

小物

 

会社案内

会社概要

当店の歴史

業務関連リンク

求人・採用情報

染の醒ヶ井

 

お問い合わせ

お問い合わせ

個人情報の保護について

 

Get ADOBE FLASH PLAYER

Valid XHTML 1.1 正当なCSSです!

special thanks

 

業務と会社のご案内

職人紹介

自慢の職人さんを紹介いたします。

 

皆さん当店が自信を持って紹介できる職人さんばかりです。 この方々の、伝統の技を受け継いだ素晴らしい技術の数々が、あたかも交響曲のハーモニーのように、日本の誇る伝統美を 「着物」 として現代に具現化いたします。

 


 
田村 忠司さん

田村 忠司さん

 
構図の確かな下絵を心がけています。
 

 

【コメント】 「下絵は糊置が済めば流し消される『瞬間の職芸』と言われていますが、糊置職人との協働がうまく機能するように、細かすぎず、粗すぎず、構図の確かな下絵を心がけています。」

着物の図案(設計)、下絵及び金描きに至るまで、繊細な技を兼ね備えておられる方です。


 

 

 
諸頭 博さん

諸頭 博さん

 
ハレ着らしく、たっぷりと大らかな文様に仕上がる様取り組んでいます。
 

 

【コメント】 「糊置きには、ゴム糸目・糊糸目・伏せ・撒糊・糊引田・白揚げ等、技法は色々あります。いずれも染め上がった時、匹田・撒糊の点、糸目や白揚げの線、糊伏せの面がそのまま結果として残ります。又、下絵を生かし挿し色が泣かない様キッチリとした仕事が求められます。ハレ着らしく、たっぷりと大らかな文様に仕上がる様取り組んでいます。」


 

 

 
奥村 良春さん

奥村 良春さん

 
手間を惜しまない丁寧な仕事を心掛けております。
 

 

【コメント】 「友禅の柄と共に地色は大切なので、一つ一つ手間を惜しまずに、2回3回と色を重ねて、深みのある色合いの商品を創るように心掛けています。」

〔友禅引き染め 伝統工芸士〕


 

 

 
内田一裕さん

内田一裕さん

 
きれいな仕事をする事を心がけています。
 

 

【コメント】 「相手さんの色の調子等の意向をとく汲み取り、一番基本になりますが、色が泣く、広場のムラ等がなく、自分で納得のいくきれいな仕事をする事を心がけています。」


 

 

 
洲崎 泰子さん

洲崎 泰子さん

 
新鮮な気持ちで仕事に向き合う事を大切にしています。
 

 

【コメント】 「手仕事の心得として、いつも新鮮な気持ちで仕事に向き合う事だと思っていますが、いまだにはじめて取り掛かる時には手がすくみ緊張します。 特に焦りと慣れの心はすぐに影響が出るので“急がば回れ“を心で唱え、祈りの中、仕事に向き合っています。」

[金彩職人]


 

 

 
後藤 美鈴さん

後藤 美鈴さん

 
日本刺繍の表現世界があることを幸せに思います。
 

 

【コメント】 「刺繍は、私にとっては夢を紡ぐ感性の舞台でもあります。 真っ白いキャンパスの上に、その時どきの楽しい色、元気な色、冷たい色、やさしい色など色彩を加えてゆくと自分自身の心模様となってゆくようです。 日本刺繍の表現世界があることを幸せに思います。」

[刺繍職人]


 

 

 


前の画面に戻る


 

こだわり京きもの/株式会社沢田商店/〒604-8252京都市中京区醒ヶ井六角下ル


 

Counter